掲載数
72,938作品

こどものおもちゃの動画を配信中!今すぐみれる動画配信サービスを紹介!Hulu・Netflixでもみれるかも

こどものおもちゃ

あらすじ:売れっ子の子供タレントとして活躍する小学6年生の倉田紗南。順調な仕事とは裏腹に、紗南のクラスは学級崩壊を起こしていた。解決に乗り出した紗南は問題児・羽山秋人と衝突することに。そんな中知る秋人の家庭の事情。ふたりの距離は徐々に縮まって行き…。 もっと見る
U-NEXT 月額 1990円 無料期間 31日 視聴する
dTV 月額 500円 無料期間 31日 視聴する
  • キャンペーン
こどものおもちゃ 動画

『こどものおもちゃ』動画配信サービス一覧

「こどものおもちゃ」の動画がみれるNetflixなど人気動画配信サービスを比較したところ、2つのサービスで視聴することができます。 その中でも評価が高い動画配信サービスを編集部が厳選して紹介します。さらに無料でみれるかどうかも合わせてみていきます。

こどものおもちゃ 動画

U-NEXT

※この情報は2019/09/12に取得した情報です。
詳しくは公式ページでご確認ください

視聴タイプ
見放題
配信期間
2019年10月31日 23:59
U-NEXTで視聴するには会員登録が必要です。
今なら「31日間」無料キャンペーン中です。さらに会員登録で「600pt」プレゼント、今すぐに利用可能です。
PCはもちろん、スマホ、タブレットでも視聴可能。
解説ページ
こどものおもちゃ 動画

本日から 01/12 まで無料

dTV

dTV

  • 月額 500円
  • 31日間

本日から 01/12 まで無料。 dTVで視聴するには会員登録が必要です。

dTV公式ページ

Hulu

Hulu

  • 月額 933円
  • 14日間
現在、配信されていません。
Netflix

Netflix

  • 月額 650円
  • 30日間
現在、配信されていません。

こどものおもちゃ 動画情報

タイトル名 こどものおもちゃ
ジャンル

101エピソード

第1話    私、ヒモいる小学生
11歳の倉田紗南は、ママに勧められて小さい頃から劇団こまわりに所属し、芸能界で大活躍している。また彼女は、マネージャー・相模玲を自分の恋人でヒモだと思っている。6年生になり、クラス替えをすると…。
第2話    教室まるごとサルの山
紗南は、担任いじめをする男子たちを仕切る羽山に一撃を食らわす。さらに、羽山に対する女子たちの怒りが爆発。恥をかかされた羽山は、紗南に仕返しするのではなく、紗南の友達・まみを裏庭へ連れて行き…。
第3話    目ン玉歯ン玉作戦だ!
羽山が高所恐怖症だと聞いた紗南は、羽山に勝負を申し込む。放課後となり体育館に羽山を呼び出した紗南は、バンジージャンプで対決することを提案。高い所が大好きな紗南は、絶対に自分が勝つと思っていた。
第4話    一匹狼ヒュールルル
紗南に恥ずかしい写真を撮られた羽山は、先生いびりなどをやめることを承諾。そして、女子たちの前で謝罪した。すると、今まで羽山にペコペコしていた五味が、羽山に代わって自分がボスになると言いだし…。
第5話    羽山グレグレどこへ行く
紗南のクラスに平和な時間が訪れた。その一方で、羽山はみんなと関わることなく、1人でいる姿が目立つようになる。それが気になる紗南は、羽山に自分ができることなら何でもしてあげると伝える。
第6話    親子丼バカまずくて食えん
紗南は剛から、羽山家の実情を聞いた。羽山の姉・夏美が羽山を悪魔の子と呼んで憎んでいるのは、羽山の母が羽山を産んだことで死んでしまったからだと言う。そんな家族をどうしても許せない紗南は…。
第7話    来海くるくる恋敵
紗南の熱演するドラマを見た羽山の父と姉は、これまでのことを悔い、少しずつ気持ちが変わっていく。また紗南は、ドラマで共演している来海麻子から対談を申し込まれるが、マネージャーの玲は、乗り気になれない。
第8話    ジュースまみれの初キッス
紗南は、大好きなマネージャーの玲が麻子と高校生の時に付き合っていたことを知り、少し不安になる。玲のことを恋人だと言っている紗南に羽山は、お前とはどうせ「ごっこ」、昔の女が本命だと言い放つ。
第9話    ピンチピンチの紗南の恋
羽山から突然キスされた紗南は、玲に会わせる顔がないと、彼の前でお面をかぶる。紗南の様子がいつもと違うと思った玲は、紗南の友達から彼女が羽山からキスされたことを聞き、ママ・実紗子に報告する。
第10話    恋はピヨピヨとんでった
紗南は玲が麻子を家に招いたことが気になり、学校やTV収録でも落ち着かない。またママは紗南に、紗南と玲の関係は、本当の恋人なんかではない、と言い放つ。紗南は以前、羽山から言われた言葉を思い出し…。
第11話    父よ、あなたは父だった
玲との関係はビジネスと割り切って、仕事に精を出す紗南。仕事が一段落したある日、紗南は玲を麻子の家へ連れて行った。そして、少し大人になった紗南は、麻子にもう玲をふらないでと頼み、2人を後にするのだった。
第12話    今度は紗南がロンリーウルフ
マネージャーとして紗南を羽ばたかせようとする玲は多くのCMを引き受け、紗南のスケジュールは過密する。疲れて爆睡してしまった紗南は、約束していたひさえの誕生パーティーをすっぽかしてしまったために…。
第13話    僕の名前が変わります
両親が離婚して、学校を無断欠席した剛を心配した紗南と羽山は、剛の家へ急ぐ。すると剛たちの居場所さえ知らない無責任な父親に、紗南と羽山はブチ切れる。その後紗南は羽山たちと、剛の引っ越し先へ手伝いに行く。
第14話    約束の夏・その前編
林間学校前日、紗南はママから、ママと紗南のエッセイを書き始めたいと言われ了承する。林間学校から帰って来た頃には、ママの原稿は仕上がり、夏休みが終わる頃には全国に出版する予定でいたのだが…。
第15話    約束の夏・その続き
紗南は、ママがエッセイを出版したら、2人の楽しい生活が壊れてしまうと羽山に打ち明けた。羽山は、壊れたら直せばいいと励ます。羽山は、父の退院後、家族団らんがあったことなどは紗南のおかげだと感謝する。
第16話    ドキドキふたつあったとさ
紗南は、初めて共演した美少年子役タレント・加村直澄から、君の秘密を知っているとささやかれる。紗南が、何が目的なのかと問い詰めると直澄は、紗南のことが好きで、自分を印象付けたかったと話すが…。
第17話    アッとたまげた母の本
エッセイ出版を明日に控えた紗南は緊張気味だ。泣きたくなったら俺のところに来いという羽山の言葉を思い出し、紗南は連絡したくなった。エッセイが出版されると同時に、紗南の出生の秘密が明かされるのだ。
第18話    腹ペコ二人がかくれんぼ
紗南は騒動の最中、羽山に連れ出され、羽山宅でかくまわれることになった。紗南は、羽山の姉・夏美とお風呂に入ったり、羽山が赤ちゃんの時の写真を見て大笑いしたりとリラックスしていたのだが…。
第19話    娘泣く泣く母も泣く
紗南を産んだ本当の母親が見つかる。ところが、紗南が気になるのはママの気持ちの方だった。ママは母親に対して、産んだら育てるという、当たり前のことがどうしてできない人間がいるのか、と平手打ちを食らわす。
第20話    紗南ちゃんクイズでイー感じ
夏休み特別企画として収録される、ぜんじろう司会の紗南ちゃんクイズ番組に羽山も解答者として出演。紗南の今までの生活での細かい描写が問題として出題されたが、紗南にも分からない問題を羽山は次々と答えていく。
第21話    スモールサイズの羽山かも
平穏な日々を送っていた紗南は直澄から誘われて、彼が育った加村学園へ連れて行ってもらう。加村学園の子供たちは、人気者の紗南が来るのを楽しみに待っていて、彼女のために歓迎会を開催する。
第22話    カラテな心と引退宣言
羽山は空手を始めたが、練習内容に不満を抱く。師範代から何のためにここへ来たのかと問われると、自分が何をやりたいのか知りたいと答える。師範代は、日本の男子空手はまだレベルが低いから頑張れと励ます。
第23話    晴れときどき行方不明
紗南が番組中に妹・まり子に向けて、また遊ぼうねと言ってしまったことから、まり子が行方不明となる事件へ発展。紗南に会いたいまり子は、偶然にも近くに来ていた紗南たちのロケバスに乗り込んでしまい…。
第24話    算数人生ボケラッター
紗南のクラスは授業が遅れていたため、テストの平均点が他クラスに比べて15点も低い。厳しい安藤先生は、紗南たちをこのまま中学へ進級させるわけにはいかないと、独断で実力テストを実施することにした。
第25話    心の傷のバンソーコー
まみは、体育の授業の前に、縄跳びを忘れたことに気付いて教室に戻る。そこには羽山が1人でいて、2人きりになったまみは、急に泣きだしてしまう。2人の関係は元通りになっていると思っていた紗南だったが…。
第26話    コケコッコーの朝は来る
剛が学校で倒れた。剛はマンションのベランダで飼っているにわとりの朝の鳴き声がうるさいことに悩まされていたらしい。そのにわとりとは、紗南が剛の妹・碧乃にあげたひよこのことだったので、紗南は責任を感じる。
第27話    同情もしてカネかして
ママの元ダンナがママに借金しようとやって来たが、追い返される。懲りない元ダンナは、紗南の仕事先までやって来て、早急に金を用意しないと国際的秘密組織から命を狙われてしまう、と彼女に助けを求めた。
第28話    らぶらぶ羽山父の歌
羽山の誕生日は彼の母の命日でもあった。この日はいつも墓参りという羽山に、紗南は女子の間で流行っている真ん中バースデーをしようと持ち掛けた。また、紗南は羽山に誘われ、剛と共に墓参りについて行った。
第29話    やって来ました母の母
草津温泉で300年の歴史をもつ倉田屋旅館を経営するおばあちゃんがやって来た。ママは突然来たおばあちゃんに怯える。それは、ママに旅館を継がせようと、お見合い相手を大勢連れて来たからで…。
第30話    私の彼はやせ我慢
玲が、わき見運転で事故を起こしてしまう。彼は、恋人の麻子が共演者のキムチタクヤと密会しているといううわさの記事に気を取られてしまったようだった。心配した紗南は、記事の真相を突き止めようとする。
第31話    へびが土足でヅーカヅカ
紗南と直澄とのデートを報じる記事が出たために、世間は大騒ぎとなる。そんな中、紗南は本当は羽山と付き合っていて、キスまでしているという証拠写真を週刊誌に売り込もうとする男がいたのだが…。
第32話    父よ あなたはつかまった
剛の母と離婚した父が酒に酔って暴れたので、警察に逮捕された。紗南と羽山は、学校へ行く途中、剛のところへ寄ってみるが、彼は元気そうにしていた。だが、クラスには、剛の父の事件を中傷する落書きがあった。
第33話    愛はカレーの味がした
紗南の人気番組「こどものおもちゃ」のおもろい先生コーナーで、剛のハガキが選ばれ、取材が学校で行われた。だが五味とひさえのけんかが発端で、仲のよかった三屋先生と田中先生の痴話げんかに発展する。
第34話    歌う心は3,2,1
紗南は、人気絶頂の小学6年生タレントの飛田まゆ、綾野花丸小路智美と3人で、アイドルトリオ「小六隊」を結成。また、番組中でのドラマのヒロインの相手役は直澄に決まっていた。直澄に心を寄せるまゆは…。
第35話    プレゼントにはワケがある
五味たちは、亜矢とラブラブな剛がおもしろくない。そんな時、剛の下駄箱に、亜矢以外の誰かからメッセージ入りのプレゼントがあった。プレゼントに弱い剛は、それが気になり、亜矢に対する態度まで変化する。
第36話    私を草津につれてって
冬休みとなり、紗南は玲と乗り気でないママと共に静おばあちゃんの待つ草津温泉・倉田屋へ向かった。そこには、ひと足早く羽山一家が来ていた。するとママは、羽山がいることに何か陰謀の匂いを感じる。
第37話    キスだ戦えカラテとラッパ
紗南は、今度のクリスマスに、紗南と羽山の真ん中バースデーをプラスした盛大なパーティーを計画。共演する直澄も招待されたが、直澄は羽山のことが気になり、彼に紗南と付き合っているのか、と聞く。
第38話    どきどきキスなクリスマス
クリスマスと真ん中バースデーが迫っていた。羽山は紗南からプレゼントを催促されたが、何を買ったらいいのか、直澄のことも頭をよぎり悩んでいた。パーティーを翌日に控えた日、直澄が紗南のところへやって来て…。
第39話    100匹ハヤガーりんぷんぷん  ばびんがびびんがぼんばびぼー
紗南が元気よく学校へ遅刻していくと、みんなはハヤガーにやられて、蛾に変えられてしまっていた。また、ママまでもがハヤガーのりんぷんにやられている。紗南は剛と一緒に、ハヤガーを倒しに森へ行く。
第40話    ある日突然家なき子
倉田家が破産した。ママが保証人になったため、主債務者に代わって倉田家の物が次々と差し押さえられていく。さらに立ち退きが命じられたため、仕方なく家を出ることに。突然のことに呆然とする紗南たちだったが…。
第41話    ホサレちゃったのあの人に
倉田家が破産してから、仕事が全てキャンセルとなり、さすがの紗南も落ち込んでいた。玲は、なぜ紗南だけが急にキャンセルされるのか仕事先に理由を尋ねる。すると、みんな口を濁して逃げて行った。
第42話    しめきりギリギリきりきりまい
紗南は恩田さんに頼まれていたエッセイを書き忘れていることを思い出す。だがその頃恩田さんの出版社には、ドリーミングプロの社長により、紗南のエッセイ出版を中止させようとする圧力が掛かっていた。
第43話    オヤジのような彼だった
公園で寝てしまった紗南は、ドラマで共演している五條武史に助けられ、アパートまで送ってもらう。その一部始終をある男が写真に収めていた。するとワイドショーは、五條が紗南の父親ではないかと伝えた。
第44話    五味くん五味くんどこ行くの
五味は、母親から勝手に名門中学受験を決められてしまい、追い込まれていた。そしてムシャクシャしていた五味は、駄菓子屋で万引きをしてしまう。そこに偶然通り掛かった羽山とぶつかるが、そのまま逃げてしまった。
第45話    悲喜こもごもバレンタイン
バレンタインデー前日。クラスの男子は、紗南の通り魔チョコを期待していたが、今回は中止となった。紗南は、恋人宣言した五條にだけチョコを贈ると決心。だがドラマの撮影現場で、五條の悪いうわさが立ち…。
第46話    逃げた私が悪いのか
エッセイは売れ行き好調で、ぜんじろうが取材にやって来た。次々とインタビューする中、まみは寂しそうな顔で帰って行く。エッセイにまみのことを書かなかった紗南は、その理由を伝えないとと思うのだが…。
第47話    あなたとおんなじ屋根の下
アパートが取り壊されたが、ママは自分と紗南の印税を前借りして新しい家を建てていた。だが工事が遅れて引っ越しは1週間先になるという。羽山は、荷物を持って学校へ通う紗南に、自分の家に来るよう誘った。
第48話    父よ、あなたが父だった
紗南が恋人宣言した五條についてひそかに調べていた芸能レポーターの黒崎。彼は12年前、五條が付き合っていたのが紗南の産みの母・佳子であったことを突き止める。そしてこのネタをママに売り込んできた。
第49話    これがふたりのラストシーン
五條が撮影中に倒れた。紗南は病院で眠っている五條の耳元で明日があると励ますが、彼の余命を知るママは、紗南に真実を伝えることができずに苦しむ。また、その病院に芸能レポーターの黒崎が現れて…。
第50話    涙なだれて春が来る
五條が亡くなり1週間が経った。一度も涙を見せない紗南は、その死を受け止められずにいた。羽山は、五條のマンション前に立っている紗南を見掛けて連れ戻す。傷心のまま玲に連れられてTV局に行った紗南は…。
第51話    今日まで、そして明日から
ぜんじろうが主催する仮面座談会で、紗南と羽山の馴れ初めが語られた。きっかけは、あのキスからだった…。今回は総集編として、反発しながらも引かれ合っていった2人と、クラスメートたちの卒業までを振り返る。
第52話    トイレで出会った大親友
中学1年生になり、新しい制服を身にまとった紗南。ある日、前髪を切り過ぎてしまったことが気になってトイレに寄った紗南は、髪を直していた関西弁を話す松井風花と出会う。2人はすぐに意気投合した。
第53話    人生計画キッスでブッツン
風花は秋人に会うなりビンタを食らわした。そして、幼稚園の頃秋人からファーストキスを奪われたため人生を滅茶苦茶にされたと怒る。風花は、そのうわさが広まり、好きな人に告白できなくなってしまったのだ。
第54話    恋にはハンパな紗南だった
遠足の日、剛は中学生になってクラスが分かれたために紗南と秋人が、なかなか会えないことを心配していた。秋人は、ずっと紗南の近くにいて彼女を見守っていたが、紗南はそれに全く気付かない。
第55話    女優はお山にこもります
紗南は直澄と映画の制作発表の記者会見に臨む。翌日から紗南は、映画関連の取材などに追われて、入学したばかりの中学も休んでばかりだった。剛は秋人に、紗南のロケ前に、気持ちを伝えるべきだと告げる。
第56話    ホントにホントにホン気にホント
山奥のロケで、紗南は大自然の中に造られた撮影現場に感動。だが玲は、取材が直澄に集中していることに気を揉む。紗南は、不気味な小野監督から、君は何も考えずに芝居をする本気の役者だ、と褒められるが…。
第57話    スシにつられてウソンコ彼氏
大阪から風花の友達が遊びに来た。風花が告白できなかった高石も一緒だ。見栄を張りたい風花は、秋人に彼氏のふりをしてほしいと頼む。面倒くさいと断っていた秋人だが、すしの食べ放題に釣られて引き受けてしまう。
第58話    お山にラブラブあったとさ
風花と秋人が急接近。一方、紗南と直澄は撮影現場で、取材記者たちに囲まれて、仲を疑う質問ばかりを受けていた。また、共演する麻子も、相手役の川合とのラブシーン撮影を前に、玲の反応を気にしていた。
第59話    ケガも嵐も乗り越えて
紗南が直澄のファンに襲われた。玲は、映画を降板しようと言うが、紗南は最後までやり遂げたいと懇願。その一方で、自分のファンが紗南を苦しめたことにショックを受けた直澄は、仕事を辞めると言いだす。
第60話    フラれて気づいた恋もある
紗南は、色々なことを伝えようと、撮影の合間に秋人へ手紙を書いていた。そして、麻子から携帯電話を貸してもらった紗南は、最初に秋人にかけた。だが、その電話で秋人から風花と付き合っていると告げられる。
第61話    フラれて泣いてる私じゃないよ
秋人にふられた紗南は、一刻も早く秋人のことを忘れようとするが、彼のことが頭から離れずに苦しむ。また玲は、抜け殻のようになってしまった紗南を心配し、最終手段としてママの美紗子を呼んだ。
第62話    燃えつきちゃったの今年の夏は
撮影のクライマックスシーンで、燃え尽きる館から紗南が出て来ない。紗南は痛めた足のせいで倒れてしまったのだ。撮影を中止し、紗南を助け出そうとすると、彼女は意識をもうろうとさせながらも演技を続け…。
第63話    噂は信じちゃダメなのよ
映画撮影を終え、4カ月ぶりに学校へ行った紗南は、緊張を隠していつものように振る舞った。紗南は思い切って風花に秋人とのことを聞こうと口にしたが、風花は秋人と付き合っていることを話そうとはしなかった。
第64話    どっかにあるでしょホントのことが
紗南は、みんなが自分と直澄が付き合っているといううわさを信じていたことに驚き、仕事先で会った直澄に全てを話す。すると直澄はTVの生放送で、紗南には好きな人がいて自分はふられてしまったことを暴露する。
第65話    そして二人はロングバイバイ
紗南は秋人から、本当のことを言ってほしいと迫られ、秋人が好きだったことに気が付いたと打ち明ける。また秋人も紗南がずっと好きだったことを告白。そんな2人を影で見ていた風花はその場を逃げ出してしまう。
第66話    逃げちゃえ逃げちゃえ海越えて
紗南は、あの時に秋人の気持ちに気付いていれば、と無意識に考えてしまい苦しむ。その頃、紗南と直澄の元に、ブロードウェイのトッププロデューサーから、新しいミュージカルへの出演依頼が届く。
第67話    ニューヨークったらサスペンス
ニューヨークに到着した紗南と直澄は、プロデューサーのハミルトン家の邸宅に案内された。そこでは社交パーティーが開かれ、紗南は早速ハミルトン夫人に挨拶するのだが、鋭い目つきでにらまれてしまう。
第68話    渡る世間は謎ばかり
紗南たちは、多忙なハミルトン氏に会えず邸宅で足止めされていた。ある日、紗南と直澄は歌のレッスンを受けるために会場へ足を運んだ。そこでは、振付師のハミルトン夫人・ミシェルがレッスンをしていた。
第69話    あなたの瞳もエメラルド
紗南と直澄の部屋が荒らされた。白いドレスの少女の幽霊を怪しむ紗南と直澄の前に、その少女が現れた。その少女は、ハミルトン家の娘・シシルだった。レッスン場では、怪しい男が直澄に近づいてきて…。
第70話    ランチタイムは危険な感じ
ハミルトン邸を出ることになった紗南たち。直澄は、怪しい男が自分を狙っていると、紗南に話す。一方、ハミルトン家の家政婦・ラムシーの息子・ブラッドは、シシルが直澄に会うことができなくなり安堵するが…。
第71話    寝耳に水の母だった
直澄の母だと名乗る女性が、紗南たちが宿泊するホテルに現れた。直澄はその女性から、貧しさのあまり直澄を置き去りにしてしまったことや現在に至る事情を聞く。しかし、直澄は何も話さず、その場を立ち去っていく。
第72話    知りすぎちゃったの私の秘密
シシルが紗南と直澄のアパートに、再び1人で来た。するとシシルは、舞台中の事故が原因で踊れない自分のことをママは恥じていると言う。直澄はそんなシシルを、しばらくアパートに居させてあげようと提案し…。
第73話    アメーリカンなバカ親子
ブラッドから、シシルはお前の妹だと言われた直澄は、頭の中が混乱してしまい、その場を逃げ出してしまった。そんな直澄は偶然にも、母・ユウコが住むアパートの近くで倒れ、ユウコの部屋で休むことになった。
第74話    母はいそいそ悪だくみ
母の優しさに触れ、素直な気持ちになっていた直澄の前に、父であるハミルトン氏が現れた。そして彼はレッスンを休んでいる直澄に、今度のミュージカルに必要な存在だからレッスンに出てきてほしいと告げる。
第75話    娘よどこにマンハッタン
紗南は、直澄を利用して主演女優の座を掴んだことを認めるユウコに、このまま直澄の母親でいてほしいと頼む。だがユウコは、もう必要なくなった直澄に、ハミルトン氏の舞台に戻るようにと言い、追い出そうとした。
第76話    帰っちゃおーかな帰ろかな
ユウコから追い出された直澄は、ユウコが母と名乗った場所・セントラルパークに来ていた。紗南は、二度も母親に捨てられた直澄に対して、今度は自分が彼を助ける番だと思い、日本へ帰ろうと告げる。
第77話    パパよ、あなたが悪かった
ニューヨークで舞台を成功させようと、空港から引き返してきた紗南と直澄は、レッスン会場へ急いだ。そして、ミシェルから厳しい指導を受ける。レッスン後、ハミルトン氏は直澄に、傷つけてしまったことを謝罪する。
第78話    最初で最後の母子でケンカ
ミュージカルの公演が中止となったのでユウコが荒れていると、彼女の恋人・リックが直澄に助けを求めてきた。直澄は、二度も自分を捨てた女の悲惨な姿は愉快だとユウコを罵る。だが、ユウコもまた直澄を罵り返した。
第79話    父になれない父もいた
ハミルトン氏は、記者会見で直澄が自身の息子であることを認め、今後は自分の元で一流の役者に育てると発表。一方、直澄はシシルのことだけは気掛かりだった。シシルは、直澄が兄であることがうれしくて…。
第81話    ハロー・グッバイ・私の恋
紗南は玲から帰国後も直澄とのペア仕事がたくさん入っていると聞いて喜んだ。紗南は日本へ戻る飛行機の中で、初めて直澄と出会った時のことや、今こうして2人でいることに思いをめぐらせていた。
第82話    あれからウチらはイー感じ
紗南と直澄がニューヨークに旅立ってから、秋人と風花、剛と亜矢は普通の学校生活に戻っていた。また、理科のテストで風花が秋人のために問題を予想し、秋人が高得点を取るなど、周りも羨むカップルになっていた。
第83話    ベストカップルばかりカモ
ニューヨークから帰国した紗南と直澄は、空港で記者たちから2人の交際を質問され、これをあっさりと認めた。2人の姿をテレビで見ていた風花たちは、紗南の口から聞くまでは慎重になろうと話し…。
第84話    ジャーマネちゃんはピーチピチ
秋人が風花に遊園地に行こうと誘った。2人が遊園地に行くと知った千石先生は、また風花の母に告げ口をする。一方事務所では、前田が直澄のマネージャーを外され、新しいマネージャー・尾崎理穂が登場する。
第85話    言えねえセリフもあったとさ
紗南と直澄は、再び2人が共演するドラマの記者会見に臨んだ。そして、相変わらず紗南はみんなを驚かせる発言を連発する。一方の直澄は、仕事とプライベートは別で、紗南は永遠のライバルだと答えた。
第86話    見えなくなったら見えてきた
傷を負った風花の両目は、当分包帯で巻かれることになった。秋人は風花を守ってあげられなかった自分を責める。紗南は撮影でどうしても「悪魔」というセリフが言えず、秋人の顔が浮かんで涙してしまう。
第87話    たたカレおわカレどこへ行く?
紗南が降板させられたことでワイドショーは大騒ぎだ。彼女はニューヨーク帰りのワガママ子役とのレッテルを貼られ、日本の芸能界から追放とまで言われる。だが紗南は、自分は間違っていないと堂々と仕事を続けた。
第88話    いつか来たのネこんな日が
仕事がなくなった紗南は、久しぶりに学校へ行った。千石先生からバッシングアイドルと嫌味を言われるが、仕事も学校もいい加減ではないと反論する。そして風花のために一生懸命ノートを取って見舞いに行くが…。
第89話    イヴにハレルヤ?我がココロ
紗南はなぜ直澄から突然別れを告げられたのか理解できずにいた。そして、今までを振り返ってみた。ニューヨークへ行った時の直澄への思いは確かだったが、その一方で自分はまだ秋人のことが好きなのだと気付く。
第90話    メカハヤマハハハハハハヤマ/魔法の呪いはベベンのベンキ
秋人の父が、秋人と姉・夏美にお母さんロボット・メカ小春を作ってプレゼントした。ところが、母性回路を付けなかったため乱暴になり、さらに巨大化して町で大暴れする。(「メカハヤマハハハハハハヤマ」)
第91話    明けましちゃったらファンが来た
年が明けて、初詣にやって来た紗南は仕事がなくても元気だった。今のままでいい、と自分に言い聞かせるのだった。一方玲は、ロンドンで演技の勉強をやり直したいという麻子から一緒に来てほしいと頼まれていた。
第92話    ちっともカンタン算数ビデオ
算数ビデオの先生役の仕事依頼を受け、スタジオへやってきた紗南。ボロいスタジオには監督を含めて3人のスタッフしかいない。紗南は監督から予算が足りないので、生徒役もやってほしいとお願いされる。
第93話    おんなじ名前で出ています
紗南の元に「私が本物の倉田紗南、びっくりしたでしょ」と書かれた手紙が届く。さらに、玲が小野監督に紗南からファックスがきたと言われたり、花輪のお礼の電話がきたりと、身に覚えのないことばかりが続いた。
第94話    転げてハジケりゃこどちゃな春よ
紗南の算数ビデオ先生は大人気となる。玲は紗南にまた仕事の依頼がくるように挨拶回りに奔走する。スタジオにやって来た紗南と玲は、ぜんじろう先生の「おばちゃ」に出演する強烈なオバサン軍団に遭遇するが…。
第95話    おさまりましたね元のサヤ
バレンタインデーが近づいてきた。学校ではティーンネット主催のバレンタインイベントの話題で持ち切りとなる。大阪の高石から、イベントにやって来ると連絡があった風花は、彼と会場で会う約束をするのだが…。
第96話    待っててスグ行く大人の恋
紗南は仕事が忙しくなっても学校は休まないと宣言。玲は自分が動いて紗南に良い仕事を取ろうと頑張っていた。その頃、麻子は玲にロンドンに旅立つ前に一度会おうと連絡するが、彼は仕事を優先して取り合わない。
第97話    しあわせ計画・金貸して
ママの元夫・良助がまた金を借りに来た。いつも追い返すママだが、今回はあっさり10万円を渡す。納得できない紗南は玲と良助の後を尾行する。何と良助は、誠という少年に不良仲間との縁を切らせようとしていた。
第98話    お姉ちゃんたら恋模様
ショッピングに出掛けた紗南は、秋人の姉・夏美が彼氏とデートする姿を目撃。紗南は秋人に、夏美のデート情報を報告するが彼は興味を持たない。気になる紗南は、直接夏美からデートの相手・西川について話を聞く。
第99話    カラテ部ヨイトコちょとオイデ
秋人は何かと千石先生からにらまれていた。そこで紗南は、秋人の空手を悪用しようと企んでいる千石先生が、けちをつけられなくなる方法はないかと考える。そこで紗南は空手部を作り、仲間を増やすことを思い付いた。
第100話    黒板消しが消えていた
空手部に入部した中尾は、疲れて初めて学校を休む。翌日、意気込んで登校した中尾だったが、秋人から「お前に空手は無理だ」と先刻される。また、千石先生が自分の存在を忘れていたことにショックを受け…。
第101話    三人そろって消えていた
秋人は、中尾の残した手紙から空手部を辞めるつもりはなかったとことを知り、自責の念に駆られる。一方、千石先生は中尾の2枚目の手紙を隠し、全てを紗南と秋人の空手部作りの責任にしようとする。
第102話    「こどちゃ」は続くよどこまでも
紗南、秋人、中尾が発見され、病院に運ばれた。衰弱して意識不明の中尾を心配する紗南と秋人は、2人寄り添って中尾の回復を待つ。一方、千石先生は今度こそ秋人を退学へ追い込む、と中尾の両親に告げるのだが…。

スタッフ

倉田紗南 役 小田靜枝
羽山秋人 役 中崎達也
倉田実紗子 役 木野花
相模玲 役 内藤玲
ばびっと 役 引田とも子
ぜんじろう 役 ぜんじろう
加村直澄 役 南央美
監督 大地丙太郎
原作 小花美穂
キャラクターデザイン 渡辺はじめ
音楽 冨田恵一
作画監督 時永宜幸

キャスト出演作品

中崎達也 出演作品(2)

ライオン・キング
十兵衛ちゃん1 -ラブリー眼帯の秘密- 竜乗寺四郎役

木野花 出演作品(18)

SAKURA~事件を聞く女~ 矢吹薫役
うさぎドロップ
さよなら渓谷

内藤玲 出演作品(10)

capeta Broad Band Edition 源奈臣役
GA 芸術科アートデザインクラス 保村役
アニメ DEATH NOTE デスノート 松田桃太役

南央美 出演作品(30)

BLACK BLOOD BROTHERS 望月コタロウ役
Phantom -PHANTOM THE ANIMATION- アイン役
tactics むーちゃん/レイコ役

大地丙太郎 出演作品(19)

DD北斗の拳2 イチゴ味+
あたしンち 1期
とんかつDJアゲ太郎

渡辺はじめ 出演作品(21)

たまゆら ~hitotose~
カレイドスター
カレイドスター レイラ・ハミルトン物語

時永宜幸 出演作品(1)

キテレツ大百科

U-NEXT のよくある質問

Q.料金はいくらですか?

ー 月額1990円で視聴することができます
UNEXTはプランは2つあり、一つは月額加入していると「見放題タイプ」と、観たい番組を個別課金することで 視聴できる「個別課金タイプ」があります。個別課金の場合は「ポイント」が表示されていて、ポイントに変えて利用するこができます。 現在、31日間無料 + 600円分pt プレゼント キャンペーンをやってます。  » U-NEXT 公式ページ

Q.U-NEXTポイントってなんですか?

ー 無料でみれない映画やドラマをみるために必要ポイントです。
UNEXTには、ポイントが必要な番組があります。その映画をみるためには、お金をU-NEXTポイントに変える必要があります。 会員登録時に、600ポイント付与されるので、有料の映画や番組も視聴することが可能です。 また月額会員であれば、毎月1000ポイントがもらえます。足りない分はチャージすることが可能です。有効期限がありますので、ご注意ください

Q.決済されるタイミングはいつですか?

ー 無料期間後に請求されます。
会員登録後、「31日間」見放題コースの動画を無料で視聴することができます。 決済のタイミングは、そのあとになります。

Q.UNEXTをテレビ・スマホやゲーム機で視聴することはできますか?

ー Chromecastや AmazonFireTV、U-NEXT TV など視聴することができます。
U-NEXT でテレビ視聴するには、Chromecast や AmazonFireTV、AppleTVなどで視聴可能です。もちろんスマホに専用アプリをダウンロードすれば、iPhoneやandroid端末で視聴可能です。詳しくは公式ページにて確認ください。

今なら登録すると 31日間 無料キャンペーン

U-NEXTに契約すると、31日間 無料で利用することができます。決済も無料期間後となるのでぜひご活用ください。
今なら31日間 無料お試し

本日から 01/12 まで無料