【ハンニバル】ネタバレ結末!あらすじ・登場人物まで徹底解説

「ハンニバル」は2001年にアメリカで公開された映画です。10年前に公開された「羊たちの沈黙」の正式な続編でシリーズを通しての2作目、時系列で言うと最後の物語になります。ハンニバルが逃走してから10年後の世界が舞台となっています。 ここでは「ハンニバルとクラリスの関係は?」「ハンニバルのセリフの真意は?」「シリーズを通して覚えておくべきことは?」など、「ハンニバルシリーズ」を楽しむの情報をお届けします。

  • 本編をあらすじ順に詳しく解説
  • 登場人物たちのシリーズ通しての立ち位置や役回りを解説
  • 小ネタや考察を解説

今作は「ハンニバルシリーズ」史上、最もグロテスクな描写がある作品です。ハンニバルの狂気さが前面に出ているので、目を覆いたくなるシーンもあります。「羊たちの沈黙」でハンニバルに惹かれた人には、更に魅力を知ることが出来る作品でしょう。 刑務所を出て縦横無尽に駆け回るハンニバルに注目です。

「ハンニバル」あらすじ

今作の舞台は「羊たちの沈黙」から10年後の世界。 ベテランFBI捜査官となったクラリスがハンニバルを追う展開になります。ハンニバル役は前作同様アンソニーホプキンスです。クラリスに好意を抱いているハンニバルがどのような行動をとるのか?最期は一体どうなるのか?など目が離せません。

クラリスが窮地に。ハンニバルの捜索へ乗り出す

ベテランのFBI特別捜査官のクラリスは、麻薬ディーラーのイヴェルダ・ドラムゴを検挙するために奮闘していました。クラリスがチームリーダーとなる対麻薬ディーラーチームは「DCA(麻薬取締局)」と「ワシントンDC警察」のメンバーたちです。イヴェルダを追い詰めたクラリス達ですが、場所は市街地で周りには大勢の一般人。イヴェルダは赤ん坊を抱いて、銃器を持った男性3人といました。チームリーダーであるクラリスは、市街地での銃撃戦を回避するために作戦中止命令を出します。しかしワシントンDC警察が命令を聞き入れません。 ワシントンDCは市長がコカイン所持で捕まってしまった不祥事があったので、汚名を返上しようとイヴェルダを検挙しようとします。結果、多数の犠牲を出してチームリーダーであったクラリスは責任を取らされます。 そこへハンニバルへの強い恨むを持つメイスン・ヴァ―ジャーが接触してきます。メイスンの狙いは「クラリスにハンニバルを探させること」と「ハンニバルを十大凶悪犯に加えさせる」ことでした。クラリスは汚名返上の為にハンニバルの捜索に乗り出します。

クラリスへハンニバルから手紙が・・・

クラリスへハンニバルから手紙が届きます。手紙の内容は「クラリスへの慰め(チームの責任を取らされたこと)」「自分が追われる立場になったこと」「殺人を再開する」という内容でした。ハンニバルの現在地への手がかりを調べるクラリスは、手紙から香る香水に目を付けます。調べた結果、日本とヨーロッパでのみ手に入る香水という事が分かり、クラリスは2か国の大手香水店の監視カメラの情報を取り寄せを依頼しました。 一方のハンニバルは、イタリアのフィレンツェで暮らしています。「フェル」という偽名を使って潜伏して、カッポーニ宮の司書になろうとしていました。司書の前任者が行方不明になっていたことで、レナルド・パッツィ主任刑事がハンニバルに会いに来ます。パッツィ刑事は降格処分を受けて失意の最中。遊びたがり屋の若い妻をもらっており、かなりお金にも困っていました。

パッツィ刑事がハンニバルに近づく

クラリスが香水店の監視カメラ画像を欲しがった為、パッツィ刑事の同僚であるフランコが監視カメラ映像のダビングをしてました。パッツィ刑事も不思議に思って映像を眺めていると、フィル(ハンニバル)が映っています。FBIが要求する画像に偶然にもフィルが映っていただけとは思えないパッツィ刑事は、ハンニバルを調べ始めます。結果、「フィルがハンニバルであること」「十大凶悪犯リストに載っていること」そして多額の懸賞金が掛けられていることにに気づくのでした。 パッツィ刑事は高額な懸賞を出しているメイスンと連絡を取ります。懸賞金の条件はハンニバルの指紋を提出する事でした。もう一度カッポーニ宮に繰り出し、あの手この手でハンニバルの指紋の入手を試みますが上手くいきません。なんとか指紋を入手したいパッツィ刑事は、スリを雇うことで指紋の入手に成功。しかしそのスリはハンニバルによって無残に殺されてしまいます。

遂に囚われるハンニバル

捜査を続けるクラリスは、FBI閲覧履歴を解析してパッツィ刑事の存在に気づきます。クラリスは、ハンニバルの凶悪さをパッツィ刑事に伝えました。しかしパッツィ刑事には響きません。その後、すべてを見抜いていたハンニバルは、パッツィ刑事を首つり処刑にしてしまいます。丁度のその現場に居合わせたのが、メイスンの手下のカルロとカルロの兄。二人の任務はハンニバルの捕獲でした。しかしカルロもハンニバルによって殺害されてしまいます。 ハンニバルの捕獲に失敗したメイスンは、司法書士のクレンドラ―と組んでクラリスを身分はく奪と停職に追いやります。クラリスを追い込めばハンニバルがクラリスに接触してくると思ったからです。メイスンの作戦どおりハンニバルはクラリスに会いに来ました。ハンニバルを追うクラリス。しかしハンニバルはメイスンの部下に先に捕まってしまいます。

ハンニバルの狂気

ハンニバルを捕らえたメイスンは、人を喰らう凶暴な豚を何匹も用意していました。ハンニバルは十字架に張り付けられて身動きが出来ません。そこへとクラリスが突入していきます。クラリスは肩に被弾しながらもハンニバルを助けてメイスンの部下を撃ち、気絶します。自由になったハンニバルはメイスンの部下を味方につけてメイスンを殺害し、気絶したクラリスを抱いてその場を後にします。 クラリスはハンニバルの隠れ家で目を覚まします。警察とFBIに通報し、住居内を捜索するクラリス。ハンニバルはクレンドラ―の脳みそを切り出しクレンドラ―自身に食べさせていたました。ハンニバルを捕らえようとするクラリス。一瞬のスキをとらえてハンニバルと自分自身に手錠をはめることに成功します。するとハンニバルは肉切り包丁を手にして振りかぶりました‥ 飛行機内でお弁当を広げるハンニバルには片手がありません。クラリスの手首ではなく、自分自身の手首を切断したのです。ハンニバルのお弁当の中にはクレンドラ―の脳みそがありました。隣に座っていた少年に脳みそをおすそ分けするハンニバル。行先はどこか分かりません。

「ハンニバル」の登場人物

ここではハンニバルの登場人物を紹介していきます。

ハンニバル・レクター/アンソニー・ホプキンス

前作ではクラリスにヒントを与え、バッファロービルの逮捕に貢献しました。今作ではクラリスやメイスンに追われる立場です。知性と凶悪さは健在で、脳みそを食べたり、首つり処刑を行ったりとグロテスクな描写が増えています。クラリスに対しては紳士的で、プレゼントを渡したり、慰めの電話を掛けてきたりしてくれます。人を殺して食べるという異常殺人者ながら人気のあるキャラクターです。

クラリス・スターリング/ジュリアン・ムーア

前作ではハンニバルのヒントを元に、FBI訓練生でありながら事件を解決したクラリス。今作では前作より10年が経過しており、今ではベテランのFBI特別捜査官です。しかし事件の責任を取らされ、汚名返上の為にハンニバルを探し始めます。メイスンに利用されて停職処分に陥れられるも、最後までハンニバルを捕まえようと奮闘します。 前作ではジョディ・フォスターが演じたクラリスですが、本作ではジュリアン・ムーアが演じています。

メイスン・ヴァ―ジャー/ゲイリー・オールドマン

ハンニバルが精神科医だった頃の患者で、大富豪です。ハンニバルの催眠により顔の皮を剥され、身体もボロボロにされて車いす生活を送っています。ハンニバルに対して強烈な恨みを持っているため、あらゆる手段を使ってハンニバルの捕獲を行います。 最後はハンニバルの捕獲に成功するも、クラリスの乱入や部下の裏切りで無残な死を遂げます。

レオナルド・パッツィ/ジャンカルロ・ジャンニ―二

イタリアの刑事。懸賞金目当てにハンニバルに近づくも最後は内臓を垂らして首つりにされてしまいます。もともとは仕事に精力的で、正義感の強い刑事でした。しかしミスを犯して降格処分になったり、金遣いの荒い妻をもらっていたりと失意の最中にハンニバルに出会います。 ハンニバルから指紋を奪った事や、監視カメラの映像だけでハンニバルに辿りつく行動力は素晴らしいですが、最期は油断してしまいハンニバルの餌食になります。

バーニー/フランキー・フェイソン

ハンニバルが囚われていた頃の看守です。ハンニバルに対して丁寧な対応をしていたため、気に入られています。今作ではメイスンにハンニバルの情報をリークしたり、ハンニバルが着用していたマスクを売却したりしている。 ハンニバルへの侮辱行為ともとれるが、今作ではハンニバルとの接触はありません。

あなたはいくつみつけられた?「ハンニバル」隠された伏線・小ネタ

次にハンニバルの小ネタやセリフ意図などをまとめて紹介していきます。

ハンニバルの懸賞金は破格の金額

ハンニバルの懸賞金はFBIへの情報提供で最大25万ドルです。当時の日本円に直すと約2800万円になります。もっと驚きなのがメイスンが出している懸賞金で、日本円にして約4億円です。 日本と比べるのもおかしいですが、日本の犯罪者への情報提供料は良くて数百万円から一千万円。ハンニバルがどれほど凶悪で、危ない人物か懸賞金が物語っています。25万ドルを遥かに上回るメイスンの復讐心と財力にも驚きです。

ハンニバルのセリフ「フィレ肉にするぞ」

ハンニバルがパッツィ刑事に放ったセリフです。ハンニバルシリーズの第3作目「レッドドラゴン」で出てくる内容ですが、ハンニバルは人間の肉の部位を理解しています。美味しく食べられる部位を食しているという描写があるのです。 「フィレ肉にするぞ」というのは冗談でなく、殺して食べてしまうという意味となっています。幸いパッツィ刑事の奥さんが殺されるシーンはありませんが、パッツィ刑事は無残な姿になってしまいます。

クラリスとハンニバルのラブシーン?

「羊たちの沈黙」同様にクラリスとハンニバルは恋仲のような関係に見えます。

  • 靴をプレゼントするハンニバル
  • メリーゴーランドからクラリスに触れる
  • クラリスをお姫様抱っこする

ハンニバルからの一方的な行動ですが、クラリスも気味悪がる素振りはありません。それもそのはず、なんと「ハンニバル」の原作では二人のラブシーンも描かれています。今作では二人が結ばれることはありませんが、捜査官と犯罪者ながら奇妙な関係です。

なぜメイスンはコーデルに裏切られたのか?

ハンニバルを豚のエサにしようと、高見の見物を決め込んでいたメイスンはコーデル(主治医)に裏切られてしまいます。メイスンが豚のエサになっていまうのです。なぜコーデルはメイスンを裏切ったのでしょう。裏切りの理由は、以下の内容で理解できます。 ①メイスンの「銃をとりにけ!」という命令を拒んだ ②ハンニバルがコーデルに「突き落せ。私のせいにしろ」という メイスンはコーデルに対して傲慢な態度ばかり取っていたので、不満が溜まっていました。さらに「銃を取りに行け」という命令を無視したことで、制裁を恐れたコーデルはメイスンを突き落としてしまうのです。ベストなタイミングでコーデルに「突き落せ」というハンニバルは流石の一言でしょう。

「ハンニバル」ネタバレ結末まとめ

「ハンニバル」は「羊たちの沈黙」のような謎解き要素はありませんが、終始ハラハラさせられるサスペンススリラーです。ハンニバルの狂気さが増していて、特に脳みそを切り出すシーン、食べるシーンはトラウマレベルでしょう。 ここで次作「レッドドラゴン」にもつながる今作の重要なポイントをまとめます

  • ハンニバルを騙すことはほとんど不可能 (パッツィ刑事の行動も全てバレていた)
  • ハンニバルには人間の肉の部位を理解している・快楽で食人を行っているだけでなく、食事を楽しんでいる (お弁当に脳みそを入れている、次作でも食事を楽しむシーンがある)

後の2作「レッドドラゴン」「ハンニバルレイジング」はハンニバルの過去を描いた物語です。今作を観てハンニバルの魅力に引き込まれた方は楽しんでいただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です